読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先を見通すために養う力

未来を考えて行動する事

頻繁に株の売買をするなら信用取引口座は必須

株式の購入には、手数料が必要になってきます。

十万円以下ならいくら、二十万円以下ならいくらと、細かく分かれているのが普通です。

証券会社は、この手数料で稼いでいるわけですね。

百万円以上の売買に関しては、高い場合で数千円かかることもあります。

この手数料をいかにして圧縮できるかで、総合的なリターンも変わってくることでしょう。

できるだけ手数料の安い証券会社を選ばなければなりませんね。

人気の証券会社は、たいてい手数料が安くなっています。

ですからあまり心配は必要がないのですが、デイトレードをしていてさらに極限まで手数料を安くしたいという人は、信用取引口座を作っておくといいでしょう。

証券会社によっては、信用取引なら手数料がゼロになるというところもあります。

何度も売買を繰り返すと、手数料の額だけでも数百万円になることは珍しくありません。

手数料ゼロの信用取引を使えば、その費用は丸々自分の懐に入れることができるというわけです。

威力は非常に高いので、これを利用しない手はありませんね。

ただ、信用取引口座は誰にでも作れるものではありません。

審査があって、それにパスしなければならないわけです。

使えないときには、仕方ないのでスイングトレードに切り替えて、取引の回数を最小限にするしかないでしょう。

配当株を買っておくだけでお小遣いがもらえる

今の時代は、多くの人が非正規雇用で働いていますよね。

基本給はバルブの時代からすればどんどんと下がってきていて、月収が十万円台という人も珍しくはありません。

年収で言えば三百万円以下の人も少なくはない時代です。

こうした状況下にあっては、まともにお小遣いを貰えることも少なくなってきて当然です。

生活費を捻出するのが精一杯で、自分の好きにできるお金はほとんどないというサラリーマンも多いことでしょう。

株式投資をしておけば、そうした悩みも解決できる可能性が高いです。

株式の中には、「配当株」と呼ばれるものもあるからです。

配当株は、買っておくだけでも年に数%の利益をもたらしてくれます。

100万円分買っておくだけでも年に数万円の収入にはなるわけです。

1000万円もあれば、3%運用だとしても年間30万円弱はもらえます。

これだけあれば、お小遣いがゼロでも月に三万弱ほどは使える計算になります。

不満は出にくいのではないでしょうか。

株を買っておくのは、貯金とそう変わるものではありません。

特に安定した株なら、暴落をする危険性も最小限に抑えられます。

また、配当目当てなら暴落をしても構わないので気楽でしょう。

暴落をしたタイミングで追加購入をするとさらにお小遣いの額は増やせますね。

クレジットカードでトラブルに巻き込まれないように

クレジットカードで怖いのが悪用される事です。紛失した場合にすぐに対処するというのは基本的な事になりますが、最近ではインターネットや海外の利用でトラブルになる事が多いです。

日本でお店でクレジットカードを利用する場合、ある程度信頼感があるとあまり意識する事なくクレジットカードを利用してしまいますが、インターネットや海外で利用する場合には、そのお店が信頼できるかどうかをちゃんと確認する必要があるみたいです。

トラブルに巻き込まれないためにも、怪しげなところでは使わないというのが大切みたいです。また、トラブルに巻き込まれた場合は即座に対応する事が大切です。不正利用などに対しては補償してくれる場合がありますが、期日が限られている場合があるのでうすぐに対応する事が大切みたいですね。クレジットカードは便利なものですが、その分トラブルに巻き込まれると面倒になりますから、ちゃんとした使い方をして安全に利用したいですね。